外国人ジョッキーを蹴散らし、武豊とキタサンブラックが有馬で雪辱!

2017年 有馬記念 優勝馬キタサンブラック 競馬
スポンサーリンク

2017年を締めくくっていたG1有馬記念。今年はホープフルSがGIになって12月28日に行われるため、暮れの最終GIではなくなりました。

それでもファン投票グランプリ。人気投票の1位はもちろん、 このレースで引退するキタサンブラック です。全走のJCでは落鉄があって云々ありましたが、3着に敗れはしたものの、ラストランまでの調教もビッチリ行えたようで、北島三郎オーナーの有馬に勝ちたい気持ちが形になって現れたのか、引いた枠は去年の雪辱を果たす、絶好枠の1枠2番。

ジャパンカップは有名人の馬を購入すべし!サブちゃんから大魔神へ
前走、不良馬場の中でも見事に勝利したキタサンブラック。 この馬に懐疑的な人たちにも、まだまだ力のあるところをみせてくれて、一ファンとしてはとても嬉しく思いました。 そして引退まで、このジャパンカップと有馬記念の2レースとなりましたが、天...

もうJRAの陰謀かの如く、キタサンには内枠が当たりまくり。レースでは好スタートからハナにたっていつものキタサンブラックの形。1000mが61秒ちょっととスローの展開に持ち込んで、ラストの直線でのロングスパート。これで止まらないのですから、後続の馬は届かないですよね。

本家の横綱はらしくない相撲をとったり、品性に欠ける行動で問題視されていますが、競馬界の横綱キタサンブラックは、理想の展開からの悠々たるレースで、横綱相撲で完勝。

有終の美を飾ったキタサンブラックと武豊ジョッキー、2着から4着まではルメール、ボウマン、M・デムーロと今年のGIトレンドでもあった外国人ジョッキーたちが続き、日本人騎手の勝利で2017年のグランプリは幕を閉じました。

現役最強馬として引退するキタサンブラック、テイエムオペラオーなどと並ぶJRA GI,7勝、総獲得賞金は歴代1位に。そして先のオペラオーと同じように、王道路線を休み無く走り続けて、ファンを喜ばし続けてくれたオーナーや厩舎、そして頑丈な馬体をもったこのサラブレッドには感謝でいっぱいです。

サラブレッドの中でも高額ではなさそうなブラックタイド×母父サクラバクシンオー。短中距離向きのような血統背景のこの馬が全20走中、3着以外はダービーと今年の宝塚記念の2走だけ。そんな馬が高額な馬たちを負かすのも競馬の面白いところですし、ドラマがある。

今年の年度代表馬はキタサンブラックに決まりでしょうが、次の看板はどの馬になるのかが気がかりですが、一時代を築いたこの馬の引退が、おととし3着で去年2着とあと少しで手が届きそうだったタイトルの有馬記念優勝で引退するのも、この馬らしくドラマがあって感動したレース回顧でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント