怪物?いいえサラブレッドです。ダノンプレミアムは高級品。

第69回 朝日杯フューチュリティステークス(G1)ダノンプレミアム 競馬
スポンサーリンク

第69回、朝日杯フューチュリティステークス(G1)が行われ、1番人気のダノンプレミアムが優勝。

終ってみれば、1番人気・3番人気・2番人気の決着でしたが、勝ったダノンプレミアムのパフォーマンスが凄すぎた。

1枠1番でポンっと好スタートを切りましたが、他馬に被せられるとちょっと掛かり気味に。手綱を抑えて先行3,4番手で折り合いに専念。それでも最後の直線では、抑えられていたのが嘘のように、楽な手ごたえで一瞬で先頭に。そのまま脚色は衰えることなく、軽く鞭を4発ほどでゴール。

先行して上り33.6。それも楽な手ごたえで余裕たっぷりで1:33.3。2着馬とは3馬身半差で、2着から4着までが1:33.9。いかに1頭だけ抜けた存在だったかが分かります。まさにプレミアムな出来。

掛かって無理に抑えなくても、逃げ切れたでしょうが、あえて抑えたところに、幼い2歳馬に今後を見据えての競馬で、G1が他頭数の調教のよう。2着のステルヴィオは、前走のサウジアラビアRC(G3)でもダノンプレミアムの2着。この馬とは勝負付けが済んだでしょう。

この2歳G1の結果、3戦3勝でクラシックへ。今後も新馬勝ちするサラブレッドの中からも有力馬はでてくるでしょうが、現状では実績とレース内容から、ダノンプレミアムが頭抜きん出ているのは間違いありません。

母親のンディアナギャルはマイルから2000ぐらいが守備範囲な血統ですので、皐月賞は無事なら本命1番人気間違いなし。ただし先にも言ったように怪物クラスの馬がでてこなければ、ですが。

ダノンの冠がちょっと個人的には残念な感と、2歳なので今後の馬体の成長や気性面など、様々な課題がありますが、それでも高級品の名のプレミアムには間違いなしの、今後が楽しみな2歳牡馬です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント