ジャパンカップは有名人の馬を購入すべし!サブちゃんから大魔神へ

2017ジャパンカップ、シュバルグランとキタサンブラックとレイデオロ 競馬
スポンサーリンク

前走、不良馬場の中でも見事に勝利したキタサンブラック。

この馬に懐疑的な人たちにも、まだまだ力のあるところをみせてくれて、一ファンとしてはとても嬉しく思いました。

そして引退まで、このジャパンカップと有馬記念の2レースとなりましたが、天皇賞での負担がどれくらい残っているのかが気がかりでした。

前走は出遅れて、いつものこの馬の得意の形ではありませんでしたが、今回は鼻に立っていつものような展開。

非常にリラックスして走る姿に、「ジャパンカップ連覇やな」と思っていました。ラスト100mまでは・・・。

1枠1番絶好枠を引いて、キタサンをマークするように前目で追走。内々経済コースを走っていたボウマン騎乗のシュバルグランが、残り100mでキタサンブラックを交わして先頭でゴール。

2着に突っ込んできた3歳ダービー馬のレイデオロにも交わされ、サブちゃんブラックは、3着フィニッシュとなりました。

2着レイデオロは3歳世代の代表格として、立派なレースをしましたが、いかんせんポジションが後ろすぎましたかね。でもこの馬も有利な内枠の1枠2番。すんなり出て前目で競馬していれば面白かったかも。

残念なのは、藤沢流なのかダービー以降のレースが、神戸新聞杯→ジャパンカップで終了というのは非常に残念ではありますが。僕がキタサンブラックが好きな理由は、王道路線で走り続けている点にもありますから。

勝ったシュバルグランは実力はありながらも、G1のタイトルには惜しくも届かない、シルバーコレクター感がありましたが、ボウマンというジョッキーの好騎乗でついにG1馬の仲間入り。

宝塚記念(G1)では、福永ジョッキーのまさかの逃げで、オーナーの佐々木氏(プロ野球ピッチャー)が大激怒して大魔神になったとか、ならなかったとか。

ただ、見切りはつけたのは確かなようで、それ以降はトレンドの外国人ジョッキーが乗っています。しかも結果をだしたので、乗り代わりは正解ということでしょう。

G1トレンドの外国人ジョッキーに加え、JCは去年がサブちゃんのキタサンブラック、今年は大魔神佐々木さんのシュバルグランが優勝。一般的にも知られている有名人がオーナーの馬が勝ちました。来年も有名人の持ち馬がでたら、買いかもしれないですね~。

個人的にはブラックが負けたので残念でしたが、有馬記念は去年の雪辱を果たして、有終の美を無事に飾ってくれるものと期待しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント