ハービンジャー産駒、初G1制覇!ディアドラが秋華賞馬。

ハービンジャー産駒、初G1制覇!ディアドラが秋華賞馬。 競馬
スポンサーリンク

桜花賞はレーヌミノル、優駿牝馬(オークス)はソウルスターリング、そして牝馬クラシック最終レースである第22回秋華賞(G1)が、雨の京都競馬場で行われました。

ソウルスターリングは毎日王冠(G2)から天皇賞秋と秋華賞パス組。いかにも藤沢厩舎って感じですね。

また桜花賞馬レーヌミノルは、その後の成績や血統から、短からマイルまでって感じの馬なので、勝つのは難しい感じでした。

そんな混戦模様の秋華賞でしたが、勝ったのはオークス4着、ハービンジャー産駒ディアドラでした。

HTB賞では古馬を蹴散らし、紫苑S(G3)では大外から鼻差で指しきり勝ち。13戦して6戦が上がり最速(4戦が2番)という堅実な末脚、かつ京都4戦(1,1,2)と得意なコース。

勝つ要素は揃っていたように思えましたが、馬体重がまたも+12。重いのか成長分なのかってところでしたが、蓋を開ければ上がり最速で差しきり勝ち。

この秋華賞の勝利で、ハービンジャー産駒として初G1制覇。同産駒のモズカッチャンも、先行から直線粘って3着。今年はハービンジャーの当たり年ですね。

そして2017年の牝馬三冠を振り返ると、ディープ産駒が連に絡んでいないのが特徴。

2017年牝馬三冠勝ち馬産駒表
レース/着1着2着3着
桜花賞ダイワメジャー
(レーヌミノル)
ハーツクライ
(リスグラシュー)
フランケル
(ソウルスターリング)
オークスフランケル
(ソウルスターリング)
ハービンジャー
(モズカッチャン)
ハーツクライ
(アドマイヤミヤビ)
秋華賞ハービンジャー
(ディアドラ)
ハーツクライ
(リスグラシュー)
ハービンジャー
(モズカッチャン)

ディープインパクト産駒として、今年の三歳牝馬で注目していたファンディーナさん。気配は良かったように感じましたが、散々な結果になりました。

このまま終ってしまうのか、皐月賞に挑戦したような勢いを取り戻せるか、今後が気になる一頭です。

新種牡馬フランケルやハービンジャーが台頭、ロードカナロアも順調に勝ち上がって、ディープ系一辺倒だったトレンドも、今後は変わっていくような感じがした2017年秋華賞結果でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント