第78回優駿牝馬(G1)はソウルスターリングの快勝

第78回優駿牝馬(G1)はソウルスターリングの快勝 競馬
スポンサーリンク

前走の桜花賞(G1)では3着に敗れたものの、1番人気のソウルスターリング。

枠も1枠2番と絶好枠で、懸念された天気も晴れ。2400mでも操縦しやすい賢いこの馬が本命でしょう。

ライバルたちはどうでしょうか。距離が疑問な桜花賞馬レーヌミノル、負けすぎた感のあるアドマイヤミヤビ、小柄な馬体のリスグラシュー。これら3頭はしかも外目の枠。逆転は厳しかったでしょう。

レースでは、スタートからそのまま前目につけたソウルスターリング。あいかわらずスッとゲートを出れてすんなり良いポジションをとれるのはこの馬の強み。

最後の直線では後続の馬たちがスパートしてくる中、残り400mまでは「もったままで勝てるんちゃか」と思ったほどの余裕っぷり。

ただずっと内で勝ち馬をマークしていたモズカッチャンが猛然と迫ったところ、デムーロさんも鞭打ってスパート。

手前かえてすごいチグハグな感じでしたが、ラストは飛び跳ねるようなストライドでそのままゴール。むっちゃ強かった。

1頭になったときにはソラつかっていそうな感じだったり、並びかけられると突き放したり、手前何回も変えたりと、不思議な馬ですがラストの脚はみごとでした。

フランケルの初年度産駒ですが、いきなり牝馬クラシック勝ち。さらに今後は大きいところも狙えそうな賢い馬なので順調に行って欲しいですね。藤沢和厩舎なので、天皇賞(秋)にいきそうな気配ですが。

ただ欧州血統ですが、渋った馬場で負けた桜花賞があるので、この子は日本の馬場の適正のがあるのかも。

なんにせよ怪物候補と騒がれたソウルスターリングですが、阪神ジュベナイルF(G1)に続きGI二勝目を上げたことで、3歳牝馬代表と怪物候補というのは間違いなさそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント