牝馬のミッキー!ラッキーライラックでG1制覇!

第69回 阪神JF(GⅠ)ラッキーライラック 競馬
スポンサーリンク

第69回阪神ジュベナイルフィリーズ、2歳牝馬G1は今年は松永幹夫厩舎のラッキーライラックが優勝。

松永幹夫さんといえば、現役時代は「牝馬の松永」と呼ばれるほど、牝馬の大レースはめっぽう強かったので、僕らは牝馬限定G1はミッキーが乗る馬を良く買っていたものです。

牝馬のヘブンリーロマンスで、天覧競馬の天皇賞(秋)に勝ったときは、天皇皇后両陛下に馬上から最敬礼した姿は男の僕でも「かっこいい」と思える姿でした。そんなことがサラッとできて絵になる男ですから、女性ファンが多いのも当然か。

そんな女たらしのミッキーですが、調教師になっても 牝馬のミキオ は変わらずなのか。

厩舎の看板馬は牡馬アウォーディーでダートがメインですが、過去には秋華賞を制したレッドディザイアで牝馬G1勝ち。そして今回で2歳牝馬限定G1勝利。格言は調教師になっても押さえていたほうが良いのかな。

そんな2歳牝馬限定の阪神ジュベナイルFを制したラッキーライラック、父が今年話題の当たればデカいオルフェーブル。気性は穏やかではなさそうですが、マイルの1600mで勝てたのは大きいのではないでしょうか。

母系は短~1800mが適距離な気がしますので、オークスは厳しそうですが、桜花賞は順調だったら。同じオルフェーブル産駒のロックディスタウンや2着のリリーノーブルなどは、オークスは面白そうですね~。

3歳牝馬クラシックはまだ先なので、これからも楽しみな馬はでてくるでしょうし、たった1戦ですから、勝負は始まったばかり。

新種牡馬のロードカナロアに勝ち上がりでは差をつけられているオルフェ産駒ですが、ヒット量産のアベレージヒッターと、三振多いが当たればホームランのブンブン丸。投資する側はアベレージヒッターを好むでしょうが、見ていて楽しくてワクワクするのは、ブンブン空振りしまくるが、当たればホームランのバッターの方。そんなオルフェ産駒vsロードカナロア産駒のイメージ。

ブンブン丸オルフェ産駒が、来年の3歳クラシックでもホームランを打てるのかが楽しみになった、暮れの阪神ジュベナイルフィリーズでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント