第84回 東京優駿。レイデオロで藤沢悲願のダービー制覇!

第84回 東京優駿。レイデオロで藤沢悲願のダービー制覇! 競馬
スポンサーリンク

第84回、東京優駿(日本ダービー)。日本のホースマンであれば誰もがあこがれる最高峰の三歳GIクラシック競走。

そんな名誉あるダービー馬になったのは、藤沢和雄厩舎のレイデオロ。ジョッキーのルメールは主戦ですべてに騎乗。

藤沢和雄厩舎といえば名門厩舎ですが、ダンスインザムードが桜花賞を制するまではクラシック勝ちに縁が無く、牡馬は今回勝つまで未勝利。

ダービーにいたっては、ゼンノロブロイやシンボリクリスエスと年度代表馬にもなった名馬たちでも勝てなかった悲願のタイトル。

そんなクラシックに縁の無い藤沢厩舎でしたが、ルメールとのコンビでソウルスターリングでオークス勝ち。まさかの同調教師と同ジョッキーで2週連続GI勝利。しかもルメールにいたってはヴィクトリアマイル、オークスに続いて3週連続GI勝ち。

以前は牡馬ローテーションでは、青葉賞→東京優駿がこの厩舎のスタイルでしたが、皐月賞からダービー直行といういわゆる一般的なローテにかわったのも勝利の要因のひとつではないかと思いますが。

スポンサーリンク

レースを振り返って

そんな結果に終ったダービーですが、レースは1000mが1.03.2とスローな展開。

後方にいたレイデオロでしたが、ジョッキーが1000m手前付近から押し上げて、3コーナーでは2番手で自らリズムを作る展開に。

そして4コーナーをまわって芝の良い所をもったままで押し上げていく。ライバルたちは外目をまわされているので、かなりロスしているので、ジョッキーの早め仕掛けはかなり好騎乗だったのではないでしょうか。

残り200m付近でスワーヴリチャードに並びかけられそうになるも、突き放していく姿は先のソウルスターリングのよう。

賢い馬と勝負勘のあるジョッキーとのコンビもまさに同じようなものを感じた印象でした。

スポンサーリンク

ライバルたちは

1番人気のアドミラブルは大外から恐ろしい鬼脚で突っ込んでくるも3着まで。18番で後方待機の末脚にかける競馬では、超スローの展開では難しかった。

うまく乗ったのはマイスタイルの横山ジョッキー。鼻にたって超スローペースで直線でも内の経済コースで「残るのか」と思わせるほど、見せ場たっぷりの騎乗でした。

5着アルアインも皐月賞勝ちはフロックではなかったと掲示板は確保しましたが、もう少し前につけておきたかったところでしょうか。

スワーヴリチャードとアドミラブルは強い競馬をしていましたが、展開が向かなかった、残念。

スポンサーリンク

まとめ

悲願の日本ダービー(東京優駿)制覇を果たした藤沢和雄調教師。

牡馬はレイデオロ、牝馬はソウルスターリングと三歳スター揃いの藤沢和厩舎ですが、すんなり菊花賞や秋華賞にはいかない気がしますので、天皇賞(秋)やジャパンカップで使い分け?するのかな。

なんにせよ、2014年生まれのサラブレッド7015頭の頂点にたったレイデオロ&初のダービー制覇した藤沢和雄厩舎には心からおめでとうございます。

皐月賞では牝馬ファンディーナに話題をさらわれたこの世代の牡馬たち。今後はレイデオロ世代と呼ばれるであろうから、世代を代表して強い競馬をして、怪我なく息の長い競走馬として頑張ってほしいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント