3冠3着、2着、で菊花賞。最後の1冠はサトノダイヤモンドが悲願の優勝

第77回菊花賞でサトノダイヤモンドのゴールの瞬間 競馬
スポンサーリンク

第77回菊花賞が京都競馬場で10月23日に行われ、3歳牡馬クラシック最終レースはサトノダイヤモンドが悲願のG1初優勝で幕を閉じました。

このサトノダイヤモンド世代、4頭のサラブレットがクラシックをにぎわせました。

  • 朝日杯FS馬のリオンディーズ(ダービー後に屈腱炎で引退)
  • 皐月賞馬のディーマジェスティ
  • ダービー馬のマカヒキ
  • 菊花賞馬のサトノダイヤモンド

皐月賞は伏兵扱いのディーマジェスティの台頭で、3強から4強へと変化したレースだったと思います。

やっぱり強かった共同通信杯の勝ち馬、ディーマジェスティ【2016皐月賞馬】
第76回皐月賞、三歳クラシックレースの一つで、主に三歳牡馬三冠初戦と位置づけられています。 そして今年は、どのメディアも三強という言葉を使わないところがないくらいに「三頭の争い」と言われていました。 2016年 第76回 皐月賞(G1)...

ダービーでは、マカヒキが勝利し菊には向かわず凱旋門賞へ。またリオンディーズが5着と沈み屈腱炎で引退となってしまいました。

超ハイレベルダービー、3歳の頂点に立った馬はマカヒキ【第83回日本ダービー馬】
史上稀にみる争いになった第83回日本ダービー(G1)。こんなにドキドキするダービーは本当に久しぶりで、面子のレベルも高かった。 1冠目の皐月賞では伏兵と見られていたディーマジェスティーが優勝。今回は1番人気で、鞍上の蛯名ジョッキーは初のダ...

このように3冠+2歳王者がすべて異なるのは、良いライバル関係が成り立っている証拠。逆に言えばナリタブライアンやディープインパクトのように抜けている馬がいないのは最強論者は面白くないのでしょうね。

個人的な感想ですが、サトノダイヤモンドには テイエムオペラオー のような雰囲気を感じています。

オペラオー自身も3冠は皐月賞のみで、ダービーと菊花賞は勝てませんでしたし、良いライバルたちがいたのも似ている感覚なのでしょうか。

古馬になると国内G1連戦連勝、その時代はレベルが低かったといわれることもありますが、それでもレースを選ばず勝ち続けたのには価値があったと思います。

ダイヤモンドにも同じようになって欲しいと思いますが、凱旋門賞を目指すとの報道もあって少し残念。強い古馬になって国内G1戦線を盛り上げて欲しいのが個人的希望。

同世代ダービー馬のマカヒキも凱旋門賞で惨敗、先のダービー馬キズナも凱旋門4着以降、国内G1は勝てず引退。

凱旋門賞を勝ちたいのであれば、向こうの厩舎にあずけて向こうのジョッキーで勝てばいいのでは。あまりにも海外G1言い続けるのは、日本の競馬をないがしろにしているようで、ちょっと寂しい気がします。

なにわともあれ、サトノダイヤモンドおよび馬主の里見さんのGI初制覇、おめでとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント