やっぱり強かった共同通信杯の勝ち馬、ディーマジェスティ【2016皐月賞馬】

競馬
スポンサーリンク

第76回皐月賞、三歳クラシックレースの一つで、主に三歳牡馬三冠初戦と位置づけられています。

そして今年は、どのメディアも三強という言葉を使わないところがないくらいに「三頭の争い」と言われていました。

スポンサーリンク

2016年 第76回 皐月賞(G1)結果

三強とはなんだったのか・・・、伏兵扱いのディーマジェスティが一冠奪取。

サトノダイヤモンドが一番人気で、リオンディーズ,マカヒキがそれに続くオッズ。

以下、三強崩しの急先鋒とみられていたエアスピネル、ロードクエスト、マウントロブソン、アドマイヤダイオウの後でようやく今回の勝ち馬

実に8番人気だったんです。

今回のレースで人気の無かった馬【穴馬】のディーマジェスティですが、よくよく考えれば予想できた馬なんですね。

いまさらな感じですが、2017年の皐月賞のためにメモっておきます。

スポンサーリンク

共同通信杯勝ち馬は皐月賞で好走

オルフェーブルが勝った東京開催の第71回皐月賞以降、共同通信杯組みが強い。

ディーマジェスティを含め、5年間で3頭の皐月賞馬を出す出世レースになりました。

共同通信杯と皐月賞の関係『2012~2016』
年度着順共同通信杯皐月賞
20161ディーマジェスティ
2イモータルマカヒキ
20151リアルスティールドゥラメンテ
2ドゥラメンテリアルスティール
20141イスラボニータ
2ベルキャニオントゥザワールド
20131メイケイペガスターゴットフリート
2ロゴタイプエピファネイア
20121ゴールドシップ
2ディープブリランテワールドエース

上記は今回のレースも含めていますが、連対率が【3・1・0・1】で80%と驚異的な数字になりました。

その中でも、勝った3頭はすべて共同通信杯→皐月賞と直行組みです。

今後も、共同通信杯組み(特に直行ローテ)は要注意です。

スポンサーリンク

過去のレースで上がり最速

加えてこの馬の潜在能力の高さを示しているのが、過去のレースで最速の上がりを出している点。

レース結果はどうあれ、常に豪脚繰り出せるのは、脚を計算して安心してレースが出来るのではないのでしょうか。

ただ、今回の上がりNo,1はマカヒキ。上がり33,9の豪脚でも届かなかったのは、ディーのほうが前で競馬していたのと上がりも34,0と差のない脚色だったから。

蛯名ジョッキーが言っていた「操縦しやすい素直な馬」という点で、中山2,000の舞台装置ではマカヒキよりゴールが近かったのでしょう。

ただ、2着に敗れたマカヒキですが【負けて強し】の内容。皐月賞含めすべてのレースで上がり最速をマークしていて、まさにディープインパクトの血が色濃い仔という印象。

距離延長のダービーでは本命になるくらい、人気するのではないでしょうか。

スポンサーリンク

レースを振り返って

始まるまでは「3強のどれが勝つか」がフォーカスされていた皐月賞でしたが、結果は2着,3着,5着降着(4位入線)。

3着のサトノダイヤモンドは、リオンディーズの進路妨害で割を食った形になりましたが、それでも地力を示した格好。

今年のダービー馬候補は、ディーマジェスティかマカヒキの二強になるのか、それとも敗れた馬たちの逆転なるか、はたまた別路線の馬の台頭か。

そんな先も面白くなってきた、2016年 第76回 皐月賞(G1)でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント