第22回 NHKマイルカップ(G1)は牝馬ワンツーフィニッシュ!

第22回 NHKマイルカップ(G1)は牝馬ワンツーフィニッシュ 競馬
スポンサーリンク

3歳春のマイルG1、第22回NHKマイルカップが行われ横山典弘騎手が騎乗のアエロリットが優勝しました。

今年の牝馬はレベルが高い(もしくは牡馬のレベルが低い)といわれているように、単勝人気も以下のようになっていました。

  1. カラクレナイ
  2. アエロリット
  3. モンドキャンノ

3番人気のモンドキャンノは牡馬ですが、京王杯2歳S勝ちで朝日フューチュリティ(G1)2着馬。それをおさえての1,2番人気は、ともに桜花賞(G1)組の牝馬で4,5着馬。

前年の覇者メジャーエンブレムも桜花賞4着からの参戦で、ピンクカメオやラインクラフト(2着デアリングハートとのワンツー)も牝馬優勝。

ピンクカメオは除きますが、どの馬も桜花賞上位馬がNHKマイルカップでは好走している印象で、皐月賞やダービーなどと違い、牝馬でも十分に勝ち負けできる3歳G1です。

今回も優勝はアエロリット、2着はアネモネS4着のリエノテソーロで、牝馬でワンツーフィニッシュでした。

リエノテソーロはダートの全日本2歳優駿の勝ち馬ですが、ダートの短距離馬とみられていたのか、持ち時計からなのか、13人気と人気薄でした。

アエロリット、リエノテソーロともに3歳牝馬の成長力をみせたかのようなレースで、ココでは力が違った印象。

勝利ジョッキーの横山騎手は、天皇賞(春)のゴールドアクターの騎乗がうそだったかのように、素晴らしいものでした。

何はともあれ第10回のラインクラフト→デアリングハート以来の牝馬ワンツーフィニッシュで、レベルの高さを疑問視されはじめた3歳牝馬の実力を知らしめた結果となりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント