丸山 動力噴霧機のプライマリーポンプ交換

植木道具
スポンサーリンク

植木屋の仕事で依頼の多い庭木の消毒。樹木の害虫防除の為に薬剤を散布するのですが、それを散布する機械が動噴と呼ばれる動力噴霧機。

小規模なお庭の場合に使用している、丸山製作所の背負動力噴霧機のエンジンのかかりが悪くなっていたな~と思ったら、混合ガソリンを供給するポンプが破けました。

エンジンをかけるときにプシュプシュと押してやるやつで、プライマリーポンプやプライミングポンプと呼ばれている部品です。

刈払機やエンジンブロワー、チェンソーなどでも見られるこの部品は、消耗品なのでゴムが裂けることがありますが、燃料などを入れっぱなしにしておくと劣化が早くなります。

スポンサーリンク

交換方法

修理というほどでもないのですが、単純に破れたプライマリーポンプを新品に交換してあげればよいだけです。

今回破れた噴霧器は丸山というメーカーの背負い動噴なのですが、かなり古いものなのでメーカーHPから問い合わせしてみることに。

すると丁寧なメールとともに「キャブレター部パーツリスト」をいただいたので、コーナンにて発注。

カワサキ TG18D キャブレターパーツリスト

そこから1週間ほどでコーナンに部品が届いたので、早速交換しようとするも サイズがでかくてはまらない 

型番信じて発注したのに入らなかったということで、考えられることは二つ。

  1. メーカーの部品リストが間違えている
  2. コーナンの発注が間違えた

どっちかとしか考えられないのですが、なにせ頼んだパーツははまらなかった。

以下が型番から発注したモノ。49043-2071って書いてるけどこれはパーツリストの部品番号 597387と違うのだが関係はないのだろうか。

カワサキ プライミングポンプ

そしてコレがプライマリーポンプ比較した写真。あきらかにサイズが違っています。

プライミングポンプ 大きさ比較

これでは交換できないので、破れたポンプのサイズを測ってアマゾンでサクッと購入。

そんなに高いものではなかったのでこれ以上調べませんでしたが、皆さんも発注する際はサイズを測って購入することをおススメいたします。

交換はネジを4点外して付け替えるのみ。これで終了です。

スポンサーリンク

まとめ

動力噴霧機のプライマリーポンプ交換は、誰でも簡単にできるものですが、肝心の部品サイズが異なっていれば直るもの直らない。

ですからどんなものでもしっかりと計測して、頼んだものに間違いがないかしっかりチェックすることが大事だと気付いた今日この頃です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
植木道具
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント