大魔神のヴィブロスが秋華賞(G1)の勝ち馬。牝馬の福永健在やで。

秋華賞 ヴィブロス 競馬
スポンサーリンク

牝馬三冠最後のレース、第21回秋華賞が2016年10月16日に京都で行われました。

シンハライト、チェッキーノなど有力馬が不在、荒れそうな予感はしていましたが、結果はヴィブロスが戴冠。

オーナーはプロ野球選手の佐々木さん。メジャーでも活躍しクローザーとして大魔神としての異名で知られているあの方です。

ヴィブロスの姉、ヴィルシーナも同馬主所有で牝馬三冠レースをにぎわせていた競走馬でした。

同馬の母、ハルーワスウィートの子供はすべて佐々木、友道ラインです。ちなみにシュヴァルグランはハーツクライ産駒ですが、母親は一緒です。(走るよ、このオカンの仔)

終ってしまえば、三着までの馬はすべて桜花賞もオークスも未出走の上り馬たち。ジュエラーやビッシュはダメ、特にビッシュは最悪。

ジュエラーに関しては見せ場は作ったのですが、終いが案外伸びなかった。一瞬オっと思ったのですが本質はマイラーなのかも知れませんね。今後に期待。

スプリンターズステークスで1番人気馬ビッグアーサーを見事に沈めた、福永ジョッキー。でも牝馬の福永の格言はまだ死んでいなかったんですね。

個人的にはドキドキハラハラもない、なんとなく残念な秋華賞及び結果でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント