雨の日の作業におススメのゴム足袋(防水地下足袋)

アトム 快速ゴムタビ 地下足袋
スポンサーリンク

雨降りや霜で庭がジュクジュクの状態でも作業しなければならないとき、ありますよね。

普通の地下足袋だと水が染みて足は気持ち悪いし、この時期寒くて足元から冷えてとても大変です。

そんな時、庭工事なら長靴でもいいんですが、剪定などは木登りもあるので長靴は厳しい感じです。

そこで僕が履いているのがゴム足袋なんです。

植木屋の地下足袋選びについての参考記事はコチラ。

スポンサーリンク

完全防水ではないがそこそこ防水

水たまりなどに浸かっても染みることはないのですが、ファスナー部分がどうしても弱いです。

アトムゴム足袋のサイドファスナー部分

それでも多少の雨ぐらいで中まで水が染みこむことはないので、長靴で作業することに比べれば断然ましです。

スポンサーリンク

フィット感はキツイ長靴のよう

地下足袋のゴムバージョンですが、履いた感じはきつい長靴のようで、指先は割れてますが、足袋ほど自由度はないかもしれません。

アトムゴム足袋

ただ、僕はいつもきついぐらいフィットするようにサイズを選んでいるのですが、Mでキツキツを履いています。ちなみに僕の足サイズは25.5。

アトムのゴム足袋のサイズの目安は以下のとおりです。

  • S 23.5~24.0
  • M 24.5~25.0
  • L 25.5~26.0
  • LL 26.5~27.0
  • 3L 27.5~28.0

足袋を名乗っているぐらいですから、木登りできるくらいソールもしっかりしています。

アトムゴムタビソール

フィットする分蒸れがすごいので、休憩のたびに脱いで足を乾かさないといけないですが、横ファスナーで着脱は容易です。

スポンサーリンク

まとめ

雨でも庭仕事しなければならないときに長靴よりフィット感がよく、作業性に優れている防水地下足袋。

普通の地下足袋に比べ難点は、蒸れる・キツイ・重いとありますが、それでもある程度の防水性とグリップ力があるため、長靴よりかは造園・園芸・農業にはむいているかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
地下足袋
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント