庭木の消毒!薬剤散布はお早めに

樹木
スポンサーリンク

庭の植木に害虫はついていませんか?

4月以降は毛虫などが庭木に発生しやすい暖かい季節です。暖かい季節になると昆虫はさかんに活動するようになるので、4月から11月ぐらいまでは毛虫に注意しましょう。

スポンサーリンク

毛虫駆除の方法・対策

健康な庭木を保つには適期に病害虫を防除してあげることが必要です。種類によって異なるため適切な防除法を行うことが理想です。

毛虫の特性

葉の裏や日陰など適度な湿気を好むものが多く、明るい場所では死滅するものが多いのが特徴です。うっそうとした樹木や、梅雨の時期に多いのはそういったことが影響していると考えられます。

剪定で日光や風通りを良く

植木を手入れせず放置していると、枝や葉が密生して毛虫の温床となることが多々あります。思い切って剪定で透かしてやると日の光も中まで照らし、風もぬけ毛虫のすみにくい木になります。

また、虫の発生した少量の枝や葉などは触れないように切り落として元から駆除しましょう。毛や卵が飛散しないように袋などで密閉して処分することをおすすめします。

薬剤を散布して殺虫

発生してしまった毛虫には、専用の薬剤を使用して幼虫駆除をおこなって下さい。見える範囲や手の届くところでしたら自身で行えますが、高い木や広範囲にわたって発生した場合は、植木屋など専門業者に依頼して、専用の噴霧器で駆除してもらって下さい。

また、自治体などによっては毛虫駆除をおこなっているところもございますので、お住まいの保健所などにお問い合わせしてみて下さい。

スポンサーリンク

消毒料金

植木屋などはリットルや平米で単価をだしているところが多いです。時間にするとすごく短いのですが、専用機材は高額で薬剤の価格も含みますのでそこそこかかります。

一般的なお庭の場合であれば、数千円~ぐらいが相場です。植栽スペースの多いマンションや企業様などは数万円かかる場合もありますが、一般的には数千円でことたりるかと思います。余りにも高い場合には、サービスや内容により異なりますので、相見積もりで比較しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

一度行うと大丈夫!ということがないものですが、やっておかないと葉っぱは食い荒らされ、ドクガの毛によってかぶれや湿疹がおきることがあります。

人間ドックのように悪いところを見つける、庭木にも定期的な薬や治療が必要なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
樹木
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント