サザンカにチャドクガの季節です。大発生する前に防除のススメ

サザンカにつくチャドクガ 樹木
スポンサーリンク

今年も早速やってきました、チャドクガ大発生。サザンカやツバキなどのツバキ科の葉っぱが大好物な毒蛾です。蛾といっても葉についているのは毛虫で幼虫です。

チャドク(茶毒)と呼ばれるのはチャノキ(ツバキ科)によくつくことからといわれていますが、もちろん他のツバキ科にも発生する害虫です。

梅雨前(4月から5月)から梅雨明け(7月から9月)の年2回が要注意。こいつがいかにやっかいな害虫かというと、以下にあげる2つの点です。

  1. 葉を食べてつくして丸坊主にしてしまう
  2. 人体に影響のある毒をもっている

1.の食害によって、お庭の景観を悪くしてしまうところ。葉っぱが無くなり、毛虫だらけの枝から糸を吹いてぶら下がるチャドクガたちの巣窟・・・もうゾクゾクしますね。

植木屋としては2.の方が正直キツいです。チャドクガの毒毛に触れると『強烈な痒み・湿疹』を引き起こします。

皮膚にふれると、尋常じゃないくらいかゆくなり、かきむしるとその毒毛によって他の部位まで湿疹が広がります。とにかく『かかない』事が大事です。

肉眼では見えないような毛、触れたところはガムテープでペリペリとはってはがしてを繰り返すと多少はマシになります。

では、そうならないための防除方法を順に説明していきます。

スポンサーリンク

どのように発生を防ぐのか

予防としては風通りを良くする剪定を行う、その時点で卵が無いかをチェックすると良いでしょう。

チャドクガは一箇所にまとまって葉を食べ移動を集団で繰り返し行っていることから、卵もまとまって見つけることができます。

チャドクガの大量の黒い卵

大量の卵を植えつけられた葉は、切り取って焼却か袋で密閉することが望ましいです。

スポンサーリンク

孵ってしまった毛虫を見つけたら

被害の拡大を抑えるための駆除方法ですが、大きく集団でまとまっている葉(もしくは枝ごと)切り落としてください。このときのポイントは『風上から揺らさないようなるべく遠くから切る事』です。

風によって運ばれてくる毛に触れてもダメなので、先のポイントは覚えておきましょう。

そして最後に薬剤散布です。切るのも触れるのも嫌、という方はここからでも大丈夫です。一般的に使用する薬剤はスミチオン、オルトラン。それらをローテーション散布(害虫の対抗性、薬への耐性がつくのを防ぐ目的で行う)することで、より効果が期待できます。

勤め先でよく使う薬、スミチオン乳剤

こちらも効果的、オルトラン液剤

スポンサーリンク

まとめ

お約束の組み合わせである、サザンカ+チャドクガ。

まずは、発生させないために剪定で予防する。そして被害を最小限に抑えるために薬剤散布で殺虫すること。

健やかなお庭の樹木を維持するためには、よく観察して異常があれば防除していくことを心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
樹木
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント