想像以上!限定生産のCORDURA® EUROのウォームジャケット&ウォームパンツ

コーデュラ ユーロ ウォームジャケット&ウォームパンツ 作業服
スポンサーリンク

ワークマンの2018秋冬で一番期待していた新ラインのCORDURA® EURO(コーデュラ ユーロ)シリーズ

その中でもウォームジャケットとウォームパンツは、フォレストジャケットっぽくもあり、ワーカー心くすぐられる一品でしたので、セットアップで購入してみました。

スポンサーリンク

CORDURA® EURO ウォームジャケットの感想

CORDURA® EURO ウォームジャケット生地

パンツよりかコチラが欲しかったので、早速着てみた感想ですが、とにかくずっしりして着心地はかなりタイトなつくり。インナーは選ぶかもしれませんが、かなり暖かそうなので、薄手でも大丈夫かもしれませんね。

着丈はショートで腰骨あたりまでなので、動きやすそう。また襟も短めになっており、チャックを上げきってもあご下まで。首付インナーやネックウォーマーはきついです。

表生地はざっくりとした化成繊維編みで、購入したネイビーもそうだったのですが、黒色と一緒に編みこまれているようで、軽く迷彩っぽいような感じがします。(他の色も単色編みではないような気がしました)

肘と肩にはコーデュラナイロンを使用していますが、脇と胸の部分は同じ黒色ですが、ツルツルとした素材でした。

また、ポケットが非常に多くて、全部で8箇所もありました。

  • 胸ポケット(左右)×2
  • 外ポケット(左右)×2
  • 内ポケット(左右)×2
  • 左腕ポケット(上下)×2

これだけ収納できれば、問題ななさそうですが、内ポケットあるのはポイント高め。

正直、(大阪の)真冬なら全然問題なさそうな防寒アウターで、お値段2,900円。これは同じ外仕事の職人さんたちに絶対におススメしたい一品です。

スポンサーリンク

CORDURA® EURO ウォームパンツの感想

CORDURA® EURO ウォームパンツ生地

セットアップで購入したコーデュラユーロウォームパンツですが、こちらもジャケットと同様にネイビーを購入。

このパンツを一言でいうと、超ヘビー級パンツ。分厚くどっしりとしたワークパンツです。

ジャケットと比べるとタイトさはさほど感じませんが、ポケットの裏地が多くかつ裏フリースなので、ダボダボな感じはありません。

生地は表がポリエステルと綿で、ジャケットと違いサラッとしたデニムのような感じ。肝心のコーデュラは膝部分に使用しており、その膝部は上部から出し入れ可能なEURO ニーパッドを搭載(薄いウレタン?のようなものが入ってる)しています。

このパンツ、収納可能な場所が多すぎなので、もうすこしシンプルな作りにしてコストダウンしてくれればいいのに。

  • ポケット(左右)×2
  • 両サイドポケット×2
  • 両サイドファスナーポケット×2
  • 後ポケット(左右)×4

上記だけで10箇所、正確にはそれに膝パット部と工具刺しの部分もあります。ありすぎ、全部使う人いないでしょ。

ここまで分厚いと動きにくそうですが、暖かさは抜群ですから、バイクや自転車などにはうってつけではないでしょうか。庭工事などにはもってこいかな。膝パットも入っているし。

スポンサーリンク

まとめ

洗練されたデザインとハードな作業にも耐えうる機能性を兼ね備えている、ワークマンフィールドコアのユーロスタイル。

かなりコスパのよさを感じたのが、CORDURA® EURO ウォームジャケット。デザイン性に優れ、防寒アウターとしての機能も申し分なし(たぶん)。それでいて2,900円という低価格。

逆に3,900円とワークマンのパンツとしては高価格帯に含まれるであろうCORDURA® EURO ウォームパンツは、贅沢な作りで極寒の外作業にはうってつけの作業パンツです。

惜しいのは限定生産なので完売早いと思うので、売っているうちに購入しても損はしないそんな商品です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
作業服
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント