ワークマンの2019年春夏カタログから購入予定のワークウェアをチェック

ワークマン 2019発夏コレクションのストレッチパンツ 作業服
スポンサーリンク

平成が終わり新しい元号に変わる2019年。ワークマンで2019春夏のカタログを貰ってきました。

作業服なんか毎年おなじちゃうん?」と意外に思われる方もおられるでしょうが、実はカジュアルウェアなどと同じように新作が常に発表されているんです。

またそれだけではなく、フォルムを変えたり素材を変えたりとマイナーチェンジされているものもあり、夏や冬でもより快適に作業できるように作業服も進化しているんです。

それでは、そんなスプリング・サマーコレクションの中から気になった商品を紹介します。

スポンサーリンク

種類豊富なコスパ最高のストレッチパンツ

ワークマン 2019発夏コレクションのストレッチパンツ

参照:株式会社ワークマン 2019 SPRING/SUMMER COLLECTION No.50 11,12P

毎年購入しているような気がするワークマンのストレッチ系パンツ。庭師ですから木登りや草刈りなどでガンガンすれますので、さすがに数年使い続けることは無理なので、少しずつ買い足しています。

カタログから感じたのは、ハーフパンツ仕様(2WAY仕様)が多くみられる事。作業者で半パンなんて考えられないことから、一般のユーザー向けなのか、そういった声が多かったのかはわかりませんが、ますますワーカーの為のワークマン感が無くなりつつあり残念です。

それでも今年は新商品とレギュラーの購入する予定です。

DIAMAGIC DIRECT(ディアマジック ダイレクト)® クライミングパンツ

このクライミングパンツは先の秋冬から登場した三菱商事ファッション株式会社のDIAMAGIC DIRECT®を使用したパンツで、耐久撥水性に優れ汚れが取れやすい機能があるそうです。もちろんストレッチが効いているそうです。

雨の明けの日や小雨の日など、合羽をきるまでもないようなときに役に立ちそうな予感。

個人的に気になる点ですが、ショートパンツになる2WAY使用はたぶん使うことはないと思うので、なくてもよい機能だと思いました。またお得意の限定生産ですので、気になる方は即購入すべきです。迷っていたらなくなりますので。

4D冷感アイスパンツ

毎年買いそびれているこのパンツ。こちらの冬仕様である4D防風パンツが思いのほか良かったので、これも期待をこめて購入する予定です。

2019年モデルになりマイナーチェンジしているのが、右側サイドカーゴポケットが3Dムービングポケットになっていますが、フォルムが犠牲になるので、個人的にはこれも必要ありませんでしたね。

それよりも気になる点は、このパンツも4D防風ウォームパンツのように「内布をひっくり返すことができない」のではないかという点。植木屋ですので切り葉などがポケットに入るので、それを取る時に内布をひっくり返せるのが非常に便利。エアロストレッチデニムパンツはひっくり返せますので洗濯も楽ですので。

CORDURA®EURO(コーデュラユーロ) デュアルジャケット&デュアルパンツ

こちらも2019冬から登場したインビスタ社製のCORDURA®素材を使用した春夏用のセットアップ。

冬用のCORDURA® EURO ウォームジャケット&ウォームパンツは非常に頑丈で伐採などするときに着用していましたが、中々良かったので予算が余れば購入しようかな~ってぐらいです。

ジャケットは袖がとれてベストになり、パンツもハーフパンツになり、上下ともに2WAY仕様。無駄にチャックが多くなるので、ただでさえ重かったのに、軽くする方向性はなかったのかと思うのですがね~。

スポンサーリンク

春夏の雨合羽はレインスーツ STRECH perfect(ストレッチパーフェクト)一択

夕立や梅雨の季節に不可欠なレインコート。イージスの防寒レイン ストレッチパーフェクトは冬にお世話になったので、それの春夏仕様のストレッチパーフェクトを購入する予定。

ただ、イージス商品は決まって品薄(転売屋の餌食)になるので、早目の購入をおススメします。

スポンサーリンク

春夏の多機能インナーからはCOOL CORE(クールコア)® 絶対冷感に注目

ワークマン 2019発夏コレクションのインナー

参照:株式会社ワークマン 2019 SPRING/SUMMER COLLECTION No.50 77,78P

夏限定で着たいのがこのインナーシャツ。着用したときにヒヤッとする接触冷感シャツと異なり、水分(汗)がある限り冷感性が持続するという優れた素材、冷感素材COOL CORE®を使用しているそうなので、炎天下の作業で威力を発揮しそうです。

一般的なクールコア生地と比較すると表面温度は-10℃差がでるそうなので、データで冷感が立証されつつ、価格も1,900円と非常にお値打ちなので、これはぜひ数枚おさえておきたいと思います。※下は同素材のポロシャツです。

スポンサーリンク

まとめ

例年通りにワークマンオンリーで揃える作業服ですが、空調だけはバートルのほうがかっこよくてバッテリーも優れているので、空調服はバートルです。それ以外の夏の装備はワークマン一色。

ただ恐ろしいほどのメディアでの取り上げられようですから、最近は品切れ売り切れが目立ちますので、気になった服は本店サイトや楽天サイトの通販で即購入するか、実店舗にて取り寄せするなどしていないと、暑くなってきたころにはすでに売り切れなんて当たり前ですから、今のうちに対策するようにしておいたいほうが良いですよ~。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
作業服
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント