あれば便利な片手刈り込み鋏(根切り鋏)の使い方

片手刈り込みバサミ(根切り鋏)
スポンサーリンク

片手で使えて形を整える鋏、片手刈り込み鋏(根切り鋏)をご存知ですか。

両手で使う刈込鋏では刃を入れにくい場所や、ちょっと手直ししたい場所などの若枝や葉を刈るための植木道具です。

主に刈り込みで使用し、マキの裾刈りやサツキやツツジの玉ものなどに使うと効率的かつ便利です。

スポンサーリンク

使用方法

まずは両手刈込鋏でほぼ刈ってしまいましょう。たまに便利だからといって片手刈り込みバサミばっかりで仕立てている人を見ますが、余計に時間がかかってしまいます。

小さい仕立物などや狭くて両手が入らないところ、草刈り後の際刈りや手直しなどにつかうと効果的です。また根切りの名のとおり、ひこばえ(孫生え)をまとめて切るにも適しています。

片手刈り込み鋏の使用方法

あくまで使う際は「補助的に使うこと」を心がけましょう。※予断ですが僕のお師匠さんは「そんな鋏使わん!」と頑なです。

また、葉刈り鋏と呼ぶ方もいるくらいですからメインは葉っぱなど軽いものを切るように使いましょう。バシバシ枝を切ってしまうとすぐに刃がだめになってしまうので。

使用方法まとめ

それでは、片手刈り込み鋏(根切り鋏)の使用方法をおさらいしてみましょう。

  • 裾や際刈りに
  • 小さい仕立てものに
  • 仕上げに
  • ひこばえ取りに

上記のような使い方がメインではないでしょうか。またあくまで補助的に使用する植木鋏ですから、あったら便利ですがなくてもなんとかなるものです。

それでも効果的に使えば、作業時間は短縮でき見栄えもよくなりますので、非常に使い勝手のよい鋏といえるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

使用する植木屋、使わない植木職人、どちらもいますが、僕個人はあったほうが便利なのでよく使っています。

ガードのあるなし、刃の長さなど様々なタイプがありますが、初めて購入してみようと思う方はアマゾンなどで販売しているキンボシは値段も安くて評価が高いのでおすすめです。僕もサブとして買ってみようか迷い中です。

庭師おすすめの片手刈り込み鋏の話でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
庭いじり

コメント